東海情報システム

メニューボタン

企業情報

平成21年度地域経済情報化基盤整備補助事業について

経済産業省 関東経済局、平成21年度地域経済情報化基盤整備補助事業を無事に終了することが出来ました。関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。

概要

■コンソーシアム

浜松デベロッパーズ・コンソーシアム

■コンソーシアム企業

株式会社東海情報システム(浜松市)
株式会社アスカプランニング(浜松市)
アヴァロンコンピューター株式会社(浜松市)
インフォリンク株式会社(浜松市)

■テーマ名
HAMADEV 開発力強化プロジェクト

平成21年度地域経済情報化基盤整備補助事業とは

本補助事業は、中小ITベンダ同士が連携することにより、開発力や営業力の強化を図り、中小企業等ITユーザーのニーズに対し、効率的・効果的なITサービスを提供する取り組みを支援するため、平成21年度に創設されました(平成21年度予算は、全国2.0億円)。
関東経済産業局管内では66件(全国180件)の応募があり、厳正な審査を経て、そのうち、7件(全国26件)が採択されました。
本補助事業は、関東経済産業局が推進する「地域イノベーションパートナーシップ」の一環として実施しており、同関連事業(関東IT経営応援隊事業など)との連携を図りながら、本補助事業の実効性を高めて参ります。

採択されたテーマ

採択テーマは地域でのクラウド活用(Windows系ビジネスアプリ)やRuby技術を使ったビジネスアプリ開発です。

成果発表

2010年浜松メッセ会場で展示を行いました。

概要

この補助事業は、中小ITベンダ同士が連携することにより、開発力や営業力の強化を図り、中小企業等ITユーザーのニーズに対し、効率的・効果的なITサービスを提供する取り組みを支援するため、平成21年度に創設されました。