東海情報システム

メニューボタン

ブログ

事実上、ワイヤレス医療機器の解禁が始まったようです

医療と無線

医療と工業の連携について様々な分野で進んでいます。
そこで障壁となるのが、実は電波・無線といった分野での規制でした。
このWi-Fi、Bluetoothの時代に無線への規制といわれてもピンと来ないかもしれませんが、
医療分野では医療機器に使用できる無線周波数帯について、厳しく制限がかけられていたのです。

変わりつつある取り扱い

日経デジタルヘルス2016/2/17「ワイヤレス医療機器、事実上の自由化へ」ではそこに現れた新しい変化について触れています。

薬機法(医薬品医療機器等法)を踏まえて、今までの医療の現場では「医療用テレメータ」として特定小電力無線局(400MHz帯)と微弱無線局しか認められていなかったのですが、それが2015年11月の通知でかわりつつあるのです。

高度管理医療機器の認証基準に関する取扱いについて(その4):薬生発1118第1号」通知

これを日経デジタルヘルスでは以下のように言っています。

“電波法を遵守さえしていれば、医療機器にもISM帯などの使用が解禁された”と受け取れる。

ISM(Industrial, Scientific and Medical Band)帯は、医療用装置や無線などに対し、国際的に割り当てられた周波数帯域です。

変わる、医療機器の未来

これはとても面白いことになります。
諸外国ではすでにICM帯を使った機器がたくさん出ております。
日本に単純に入ってくるとなると、対抗上日本の会社さんもそういった仕様に追従することになります。
医療の世界が変わります。
もっと自由に、もっと便利になることは間違いありませんね。