東海情報システム

メニューボタン

ブログ

International Open Data Day 2014

2014年の2月22日。





世界各地で、日本の各地で、オープンデータの活用や開発の会議が行われました。
同時に行われたので全てが「インターナショナル・オープンデータ・デイ」という名前です。

ジモトと向き合おう、こちらの記事に主旨が掛かれています。

静岡県では、湖西市と静岡市の会場で行われました。
日本全体では32地域で、これは世界でも最多だそうです。
静岡の会場は「ICT×観光」のハッカソン(ハッキング&マラソン)が行われました。
参加する人のほとんどがプログラムをばりばり書く人です。


弊社では、K君が静岡市の会場に参加しました。

様子を聞いたのでご紹介します。

オープンデーターデイに参加しました。
日経BPに記事がでています。静岡の項目で各チームがどのようなものを作ったかの概要に触れられています。


私のチームは、すでに巷で広く使われているイベントカレンダーに機能をプラス1するということで、参加イベント優先順位決定支援ツールを作りました。


機能は以下のとおりです


1.カレンダーで自分が参加したいと思うイベントを複数選択
2.イベントをひとつずつ総当りで比較して、この2つを比較してどらちに参加したいかということを入力
3.ポイントが高い順にリストとMapに出力する


by K



二日に渡りアイディアをベースに作業に取り組んだそうで、非常に面白かったと好評でした。
次回は皆さんも参加してみませんか?


東海情報システムでは、オープンデータの他に、共に注目されるオープンストリートマップへの対応などもアプリ「ルータン」にて行っております。
なんとこのアプリ、オープンストリートマップが表示できるスマホアプリなのです。
ぜひお試しください。